FANDOM


テンプレート:文学 イアン・フレミング(Ian Lancaster Fleming、1908年5月28日 - 1964年8月12日)は、イギリス・ロンドン生まれの冒険小説家。

プロフィール編集

国会議員の息子として生まれ、陸軍士官学校卒業後、銀行や問屋を経て、ロイター通信の支局長(外信部長)としてモスクワに赴任。1939年からMI6 (SIS) に勤務、第二次世界大戦中は実際に安全保障調整局 (BSC) のスパイとして活動する。

終戦後、ジャマイカの別荘「ゴールデンアイ」に居住。1953年に、それまでの経験をもとに「ジェームズ・ボンド」シリーズ第1作となる長編『カジノ・ロワイヤル』を発表する。1964年に遺作となった『黄金の銃をもつ男』を校正中に心臓麻痺で死去(56歳)。

映画からは窺えないが、著作(007シリーズ)内では食事シーンが実に克明に描かれており、フレミング本人も「超美食家」ともいうべき生活習慣のスタイルであったと伝えられている。そのためか、早い段階から心臓血管の疾患をかかえて生活しており、映画化された自分の作品は、映画における第3作『007 ロシアより愛をこめて』までしか目にすることができなかった。

妻はアン・ロザーメア伯爵夫人(旧姓ジェラルディーン、- 1981)。息子はカスパー (- 1975)。従兄弟には『吸血鬼ドラキュラ』などに出演した俳優のクリストファー・リーがいる(リーは、映画『007 黄金銃を持つ男』で敵役であるスカラマンガを演じた)。また、『チャーリーとチョコレート工場』などの同じくイギリスの作家ロアルド・ダールと親交があり、ダールは『007は二度死ぬ』映画版の脚本を書いた。

1990年にイアン・フレミング自身を題材にした映画『スパイメーカー』が公開された。監督はフェルディナンド・フェアファックス、主演はジェイソン・コネリーショーン・コネリーの息子)。

1964年8月12日に心臓発作が原因で死去した。

著作リスト 編集

長編 編集

短編集 編集

  • 『007号の冒険』 For Your Eyes Only: Five Secret Occasions in the Life of James Bond (1960)
    新版では「バラと拳銃」と改題
    • 「バラと拳銃」From a View To A KIll
    • 「読後焼却すべし」For Your Eyes Only
    • 「ナッソーの夜」Quantum of Solace
    • 「危険」Risico
    • 「珍魚ヒルデブランド」The Hildebrand Rarity
  • 『007号/ベルリン脱出』 Octopussy and the Living Daylights (1966)
    新版では「オクトパシー」と改題
    • 「007号の追求」Octopussy
  • 新版では「オクトパシー」と改題
    • 「007号の商略」Property of A Lady
  • 新版では「所有者はある女性」と改題
    • 「007号/ベルリン脱出」The Living Daylights
  • 新版では「ベルリン脱出」と改題

ノンフィクション 編集

  • 『ダイヤモンド密輸作戦』 The Diamond Smugglers (1957)
  • 『007号/世界を行く』Thrilling Cities (1963)
  • 『続007号/世界を行く』Thrilling Cities (1963)