FANDOM



キャロライン・マンローCaroline Munro1950年1月16日 - )は、イギリスの女優。ハマー・フィルム製作映画の出演で知られる。

来歴 編集

バークシャーウィンザーに生まれる。父親は弁護士[1]

ロンドンでモデルとなり、母親が写真をイブニング・ニュース紙に送ったところ、フェース・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。17歳までヴォーグでモデルをする[1]。その後、映画界に入り、エキストラ出演[2]を経て、1969年の『西部野郎奮戦記』で本格デビュー。

彼女のラム酒製品 (Lamb's Navy Rum) のポスターがハマー・フィルムの創業者ジェームズ・カレラスの目に留まったことから、ハマーと契約を結び、『ドラキュラ'72』に出演[1]。1974年の『シンドバッド黄金の航海』や、1976年の『地底王国』ではヒロイン役となる。1977年には『007 私を愛したスパイ』にも出演している。

主な出演作品 編集

  • 西部野郎奮戦記 A Talent for Loving (1969)
  • ドラキュラ'72 Dracula A.D. 1972 (1972)
  • シンドバッド黄金の航海 The Golden Voyage of Sinbad (1974)
  • 地底王国 At the Earth's Core (1976)
  • 007 私を愛したスパイ The spy Who Loved Me (1977)
  • スタークラッシュ Starcrash (1978)
  • マニアック Maniac (1980)
  • フェイスレス Faceless (1988)
  • バイオクリーチャー・ライジング The Absence of Lighting (2006)

編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 1.0 1.1 1.2 テンプレート:Cite web
  2. マンローはエキストラ時代、番外編007映画の『007 カジノ・ロワイヤル』に、コントロールルームの女性役で出演(クレジットはされず)していたが、後年『007 私を愛したスパイ』では、晴れてボンドガールとなった。役柄は敵側のヘリコプター・パイロットである。

外部リンク 編集

sv:Caroline Munro