FANDOM


グルボザボイスチコフ(英語表記:Grubozaboyschikov)はイアン・フレミングの小説『ロシアから愛をこめて』に登場する架空のキャラクター[1]である。略称はG。

肩書編集

経歴編集

ベリヤに疎まれ閑職に就かされるが、イワン・シーロフと手を組むことにより、ベリヤを失脚させスメルシュの長官の座に就く。

特徴編集

演説に熱が入ると卑語を連発する。

小説での役割編集

ジェームズ・ボンド暗殺計画の立案にかかわる。

関連する人物編集

ローザ・クレッブ

スメルシュ第2課課長。

クロンスティーン

スメルシュ第2課の暗殺計画立案者。

グラント

スメルシュ第2課に属する殺し屋。

脚注編集

  1. フレミング自身は小説の前書きで実在の人物と書いている。