FANDOM



ゼナ・マーシャルZena Marshall1926年1月1日 -2009年7月10日 )は、イギリスの女優。ジーナ・マーシャルと表記されることもある。

ケニアナイロビで生まれる。母はフランス出身。父が亡くなり、母がレスターシャの地主と再婚したので、若き日をそこで過ごす。王立演劇学校で学び、第二次世界大戦中はエンターテイメンツ・ナショナル・サービス・アソシエーション(ENSA)で働く[1]

1945年公開の『シーザーとクレオパトラ』[2]で、エキストラとして映画初出演(クレジットはされず)。その後、多くの映画に脇役として出演した後、1950年の "Soho Conspiracy" と "Dark Interval" では主演を果たす。1962年、『007 ドクター・ノオ』に、敵側に通じる中国系女性役[3]で出演。1965年には、『素晴らしきヒコーキ野郎[4]にも出演する。その他、『秘密諜報員ジョン・ドレイク』などのテレビシリーズにもゲスト出演している。

私生活では、ユーゴスラビアのアレクサンダル王子に求愛されたり、アルゼンチンのペロン大統領と夕食を共にしたりしたこともある。1947年にバンド・リーダーのポール・アダムと結婚したが、しばらく後に離婚し、二度目の結婚も短かった[1]。1991年、映画プロデューサーのアイヴァン・フォクスウェルと結婚。2002年に死別[5]

2009年7月10日逝去[6][7] 、83歳没。

主な出演作品 編集

編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite news
  2. ジョージ・バーナード・ショー原作・脚本、クロード・レインズヴィヴィアン・リー主演。この映画には、後年3代目ジェームズ・ボンドとなる無名時代のロジャー・ムーアも、エキストラ出演している(クレジットはされず)。
  3. マーシャルは白人だが、目を細く見せるなどのメークを施して扮した。
  4. 007 ゴールドフィンガー』のゲルト・フレーベや日本の石原裕次郎など、各国の俳優が出演している大作。
  5. テンプレート:Cite news
  6. テンプレート:Cite web
  7. テンプレート:Cite web

外部リンク 編集

sv:Zena Marshall