FANDOM


デニス・リチャーズDenise Richards, 本名Denise Lee Richards,デニス・リー・リチャーズ 1971年2月17日 - )はアメリカ女優イリノイ州出身。『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』のボンドガールで知られる。

来歴 編集

15歳からモデルをはじめ、高校卒業後にロサンゼルスに移る。テレビや映画に出始めるようになり、1997年の『スターシップ・トゥルーパーズ』のヒロイン役で脚光を浴びた。続く『ワイルドシングス』ではヌードシーンに挑戦。3P、レズなどのハードな濡れ場が話題を呼び、一躍メジャーになった。

007シリーズ007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』ではボンドガール「クリスマス・ジョーンズ」役を演じたが、この役でゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の最低助演女優賞を受賞している。

私生活編集

2002年6月15日、俳優のチャーリー・シーンと結婚[1]2004年3月9日には長女サムを出産[2]したが、翌年2人目を妊娠中に離婚を申請し[3]、次女ローラを出産した[4]。シーンと親権争いを行い[5]、殺すと脅された(シーンは否定)と訴えたためシーンにリチャーズと2人の子供への接近禁止命令が下る[6][7]などした末、2006年11月に離婚が成立した[8][9]。離婚手続き中にリチャーズは妻子あるミュージシャンのリッチー・サンボラと、シーンは不動産投資家のブルック・ウォロフスキー(ブルック・ミューラー)と交際を始めた[10][11]。サンボラは2007年4月に妻ヘザー・ロックリアと離婚に到った[12]が、その1ヶ月前にはリチャーズと彼の関係も破局していた[13]。一方、翌年にはシーンがブルック・ミューラーと挙式した[14]

2008年、リチャーズはサムとローラをリアリティ番組に出演させようとし、シーンがこれに反対して訴えを起こしたが、裁判官は条件付きで出演を認めた[15]。このリチャーズの行いには、チャーリー・シーンの父親のマーティン・シーンも、苦言を呈した[16]

また、「PLAYBOY」2004年12月号(日本では「月刊プレイボーイ」2005年2月号)のグラビアヘアヌードで登場している。

2度豊胸手術をした後、乳房縮小術を1度したことを認めている[17][18]

主な出演作品編集

参照 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

外部リンク 編集

cs:Denise Richards da:Denise Richardseu:Denise Richards fi:Denise Richardshe:דניס ריצ'רדס hr:Denise Richards hu:Denise Richards id:Denise Richards it:Denise Richards lv:Denīza Ričardsa mk:Дениз Ричардс nl:Denise Richardspt:Denise Richards ro:Denise Richards ru:Ричардс, Дениз simple:Denise Richards sk:Denise Richardsová sq:Denise Richards sr:Дениз Ричардс sv:Denise Richards sw:Denise Richards tr:Denise Richards zh:丹妮丝·理查兹