FANDOM


バーバラ・カレラBárbara Carrera1951年12月31日 - )はアメリカの女優、画家である。最も有名な出演作は、007映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』。

人物と経歴編集

生い立ち編集

カレラはニカラグアのブルーフィールズで、ニカラグア駐在アメリカ大使とニカラグア人の母の元に生まれた。11歳でアメリカに渡り、17歳でモデルを始めた。彼女の初めての映画は、チキータ・バナナの宣伝映画だった。

キャリア編集

女優デビューは、映画『ルーという女(Puzzle of Downfall child)』(1970)のモデル役だったが、この映画は興行的には失敗に終わった。しかし、カレラはその後、『マスター・ガンファイター』(1975)、『ドクター・モローの島』(1977)など、多くの映画に出演した。カレラを最も世間に知らしめたのは、映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(1983)の悪女ファティマ役だろう。カレラはこの作品で、1984年度ゴールデン・グローブ賞の最優秀助演女優賞にノミネートされた。『ワイルド・ギースⅡ』(1985)では、名優ローレンス・オリヴィエとの共演も果たした。

その後、カレラはテレビでも『ダラス』を始めとする人気シリーズに次々と出演し、アメリカで最も注目される女優のひとりとなった。ヴォーグパリ・マッチハーパース・バザールなどの雑誌の表紙を飾り、1977年と1982年には、プレイボーイでヌードを披露した。その後もコンスタントに映画やテレビドラマに出演し、現在に至る。

カレラは画家でもあり、1980年代からは、カリフォルニア・ビバリーヒルズとイギリス・ロンドンの画廊に作品が置かれるようになった。2002年には、ハリウッド・エンターテイメント博物館で展覧会が開かれ、彼女の作品は平均8,000ドルで販売された。

私生活編集

カレラはモデル、男爵、船舶所有者との、3回の結婚・離婚歴がある。子どもはいない。これはカレラがサイエントロジーに関わっているからだという説があるが、彼女がサイエントロジストであったのはほんの短い間だった。現在は、ジャーナリストと付き合っているという。

カレラの実年齢は曖昧である。彼女の誕生年は通常1951年とされているが、媒体によっては1945年、もしくは1947年となっている。カレラ自身は「1953年の方が良い」と言っている。

主な出演作編集

リンク編集

it:Barbara Carrera nl:Bárbara Carrerapt:Barbara Carrera ro:Barbara Carrera sr:Барбара Карера sv:Barbara Carrera