FANDOM


ボンドカー(Bond vehicles)とは映画、007シリーズに登場して、主に主人公のジェームズ・ボンドが運転する自動車を指す。

概要 編集

シリーズ第3作『ゴールドフィンガー』で、MI6の秘密兵器開発主任である「Q」により開発された色々な秘密兵器が搭載された車(アストンマーチンDB5)が初登場し、以降の作品の目玉となった。作品によって車種も搭載された秘密兵器も異なるが、防弾ガラス機関銃・小型ミサイル・せり出し式の装甲板などを装備したものもあった。さらには助手席のシートが飛び出たり、煙幕を発射したり、潜水艦に変身したり、観る者を楽しませた。また、ほとんどの場合ボンドガールが助手席に座っている事が多いのだが、最近ではボンドが単独で運転していることも増えてきた。

ほとんどの場合、さまざまな方法で大破するが、それはボンドが本来ベントレーが好きで、MI6に押し付けられた他社製の車が気に入らないためだという説がある。しかし、後年の作品ではアストンマーチンDB5がボンドのプライベートカーとして登場する(MI6の払い下げ車との設定)。

注目度が高いために、1970年代以降は高額な契約金を元にタイアップ契約をした契約先の売り出し中の車種を使用する例も多い。なお、2006年現在はアストンマーチンの親会社であるアメリカのフォード社と契約していることもあり、作品内に登場する車はボンドカー以外もフォードやジャガー、ランドローバーやディムラーなどフォード・グループの車が殆どである。

歴代ボンドカー 編集

007 ドクター・ノオ 編集

サンビームアルパイン

007 ロシアより愛をこめて 編集

ベントレーマークIV・コンバーチブル
装備:自動車電話

007 ゴールドフィンガー 編集

アストンマーチン・DB5(DP216-1プロトタイプ)
装備:機関銃・可変ナンバープレート(ナンバー4711・EA・62(フランス)⇔BMT216A(イギリス)⇔LU・6789(スイス))・ナビシステム・スピンナー・せり出し式防弾装甲・携帯発信器ホーマーの受信機(有効距離240km)・煙幕・オイル散布装置・イジェクトシート・攻撃用バンパーガード、運転席下の武器、無線電話、格納庫等。

007 サンダーボール作戦 編集

アストンマーチン・DB5
放水銃・せり出し式防弾装甲など。

007は二度死ぬ 編集

トヨタ・2000GT
車体は映画用に2台のみ特注されたオープンボディ、装備はソニー製テレビ電話など。ただしボンドの愛車ではなく、丹波哲郎演じるタイガー・田中率いる日本の諜報部の所有車なので(運転したのは若林映子演じるアキ)、厳密に言えばボンドカーではない。この作品以降、2011年現在日本車は登場していない。

女王陛下の007 編集

アストンマーチン・DBS
冒頭の海岸シーン、ラストの結婚式のシーンに登場する。
フォード・クーガー
カーチェイスを行うが、運転したのは所有者のトレーシーである。

007 ダイヤモンドは永遠に 編集

フォード・マスタング・マッハ1
ティファニーの車で、カーチェイスを行う。運転するのはボンド(カーチェイスシーンの前に月面車での逃走シーンがある)。

007 死ぬのは奴らだ 編集

ボンドカーは登場しないが、二階建てバスとモーターボートのチェイスがある。

007 黄金銃を持つ男 編集

アメリカン・モーターズ ホーネット
この車が選考されたのは、この作品の自動車提供が同社であった上、見せ場である一回転ジャンプのカーアクションシーン撮影において、最もバランスよく回転できるウェイトバランスを持っていたためである。ボンドがショールームから盗んだ車で、特殊装備はない。

007 私を愛したスパイ 編集

ロータス・エスプリ(通称:ウェットネリー)
潜水艇に変形する。装備は、自動車時はセメント散布装置、潜水艇時は地対空ミサイル・小型魚雷・水中煙幕・小型爆雷など。

007 ムーンレイカー 編集

ボンドカーは登場しない。代わりに特殊装備の付いたボートとゴンドラが登場する。ゴンドラは、通称ボンドラとよばれる。

007 ユア・アイズ・オンリー 編集

ロータス・エスプリターボ
白と濃茶の2台が登場する。白は盗難防止(自爆)装置装備。ボンドが敵の屋敷から逃亡しようとする際、ロータスに乗り込む前に先回りした敵が誤って自爆装置を作動させあっけなく自爆、その後のシトロエン・2CV(メリナ所有)でのカーチェイスのきっかけとなる。濃茶のロータスは現場へ移動するのに使われただけ。ただしボンドが現地協力者に「勝手にスイッチをいじるな」と言う台詞から特殊装備を搭載していた模様。

007 オクトパシー 編集

メルセデス・ベンツ250SE
所有者のオルロフ将軍から盗み、列車を追おうとしたが兵士の銃撃でタイヤが四本ともホイールから外れる。しかし鉄道用の線路にホイールをはめて、列車を追跡した。
アルファロメオ・GTV
公衆電話で電話中の女性から拝借した。

007 美しき獲物たち 編集

ルノー・11
タクシードライバーから奪ってカーチェイスを行った(後半では、消防車を盗みパトカーとカーチェイスを繰り広げる)。
ロールスロイスシルバークラウドⅡ
ボンドがチベット卿とゾリンの屋敷に潜入する際に使用する。直接ボンドが運転する描写は無いものの、湖に沈められたときにボンドが酸素を補給するためにタイヤの空気を使用するなどの活躍を見せる。
映画プロデューサーの私物がそのまま映画に使用された。

007 リビング・デイライツ 編集

アストンマーチン・V8
『女王陛下の007』以来のアストン・マーチンの登場。装備は無線機(軍隊や警察の無線も聞ける。カーラジオにカモフラージュしてる)、フロントホイール中央部にレーザーカッター、防弾ガラス、フロントガラスにミサイル用のディスプレイ表示、ミサイルランチャー、リアタイヤに出し入れ式大型スパイク、スキーアウトリガー、ロケットブースター、自爆装置など。氷上カーチェイスの後、ボンド自ら自爆装置を作動させた。
アウディ・V8

ヨーロッパにて、国境越えをするシーンにて登場。ナンバープレートが回転(他国ナンバーに替わる)装置のみ

007 消されたライセンス 編集

『死ぬのは奴らだ』や『ムーンレイカー』とおなじくボンドカーは登場しないが、タンクローリー(盗難)でカーチェイスを繰り広げる。

007 ゴールデンアイ 編集

BMW・Z3
Qいわくスティンガーミサイルなどを装備していた模様。Z3シリーズ発売直前のティーザーキャンペーン的登場で、何ら活躍しない。その割にはイギリスで007登場記念の限定車(仕様は内外装を映画と同一にした他、ダッシュボードの助手席部分に007の刻印やMスポーツサスペンションを装備など)が発売された。また、この作品以降、自動車メーカーが自社の新型車やプロトタイプモデルをまず映画でお披露目するというパターンが激増した。このZ3も当初は活躍するシーンも撮影されたが、本国のアストンマーチン愛好家・クラブから猛反発されたため、劇場公開ではカットされたとも言われている。
アストンマーチン・DB5
プライベートカーとして登場。冒頭でゼニア・オナトップのフェラーリF355GTSとチェイスするシーンがある。装備:シャンパンやプリンター(MI6本部からの情報用)など。
T-55
戦車。警察などとのチェイスを行う。

007 トゥモロー・ネバー・ダイ 編集

BMW 750iL
装備はルーフ部に小型ミサイルランチャー・ボンネットエンブレム部にワイヤーカッター・パンク修復装置・まきびし・遠隔操作装置(特殊装備付き携帯電話)、ドアノブに低出力スタンガン、催涙ガス噴射装置、防弾ガラス、指紋照合キー付きグローブボックス(中は貴重品入れと予備のワルサーPPKが入っている)など。撮影に際し、複数の同型車が用意された。ホテル駐車場でのカーチェイスシーン(実際の撮影は郊外のスーパーマーケット駐車場)では、ドアミラーにCCDカメラが埋め込まれた車両や、設定ミスによるアルミホイール違いの車両(パンクしたタイヤが自動修復されるシーン)が確認できる。ラストは屋上から落下し、店舗に突入(劇中内でボンドはこの車をレンタカーチェーン、エイビスの店員に扮したQから受領しており、突入した店舗も同じくエイビス。「車を返却した」と言うユーモアとして描かれている)。他の作品でもボンドがセダンに乗っているシーンはあるが、秘密兵器を搭載したボンドカー唯一のセダン。後部座席の窓から乗り降りするというシーンを採用したいがために、E38が選ばれたという。この宣伝効果でBMW7シリーズの売り上げが伸びた。ちなみに実際の撮影には、エンブレムから飛び出るワイヤーカッターを格納するために、エンジン長の短いV8エンジン搭載車が採用された(→750ではない)。
アストンマーチン・DB5
プライベートカーとして登場。

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ 編集

BMW・Z8
装備は遠隔操作装置(キーホルダーに操作装置がある)、小型ミサイルなど。劇中ではミサイルでヘリコプターを一機撃墜したが、その後すぐ別のヘリコプターに吊された大型チェーンソーで真っ二つにされる、最も気の毒な使われ方のボンドカー。真っ二つに切断された車は、精巧に作られた張りぼて。なお、この頃BMW社がローバーの経営から撤退したことが災いし、経営状況が一時的に悪化。タイアップ契約を延長しなかったことから、この作品以降BMWは使用されなくなった。ちなみに撮影当時Z8の生産が間に合わなかったため、撮影にはコルベットにZ8のドンガラをかぶせた物だった。

007 ダイ・アナザー・デイ 編集

アストンマーチン・V12ヴァンキッシュ
光学迷彩装置・自動追尾散弾砲・マシンガン・ミサイル、エジェクション・シート、遠隔操作装置(キーホルダーに操作装置がある)、四輪に出し入れ式大型スパイク、熱センサーなど。ただし、撮影では秘密兵器部分のスペースのためV8を積んでいた。また氷上でのカーチェイスなので一部の撮影車両は4WDに改造した。
フォード・フェアレーン
ボンドがザオを追ってキューバヘ向かった際に、現地の協力者から借りた車。

007 カジノ・ロワイヤル 編集

アストンマーチン・DBS(カジノアイス)
ダッシュボード下部が二段の特殊装備入れになっている。上段:応急キット、腕の血管に針を刺すと血液成分等の医療データーが瞬時にMI6へ電送され専属医師(2名以上とみられる)の指示を仰げ、各種抗生剤や解毒剤も注射器の状態で完備。症状によっては除細動を行うことも可能。ただし除細動器は遠隔操作ができないので自分でスイッチを押さなければならない。下段:ワルサーP99サプレッサー付)。その他の特殊装備・武装の有無は不明。
アストンマーチン・DB5
DB5については1964年モデル、ターゲットの男からカジノで勝ち取る設定のためMI6の所有車両やボンドのプライベートカーでは無い。計5作目の登場だがシリーズ内では初の左ハンドルタイプのDB5。
フォード・モンデオ
ボンドがバハマのリゾート・ホテルに行く際に乗っていった車。携帯電話のナビゲーション・サイトを見ながら運転しているというシーンがある。

007 慰めの報酬 編集

アストンマーチン・DBS(クァンタムシルバー)
オープニングのカーチェイスシーンに登場。アルファロメオ・159と激しいカーチェイスを演じた。 特に特殊装備はなし。なお2008年4月19日、撮影のためのロケ地移動中にアストンマーチン・DBSがイタリア北部のガルダ湖に転落する事故が起こった。

007 スカイフォール編集

アストンマーチン・DB5
ボンドがMを連れてスコットランドのスカイフォール邸に移動するのに使用。『007 ゴールドフィンガー』に登場した改造アストンマーチンのオマージュで、助手席のイジェクトシートやマシンガン、防弾加工の車となっている。敵の機銃掃射で、大破してしまう。

007 スペクター編集

アストンマーチンDB10(映画専用の特注設計車)
Qが009のために作った秘密装備付きの車で、作中ではボンドがQラボから盗んでいく。マシンガンや火炎放射器、運転席のイジェクトシートなどの装備がある。
アストンマーチンDB5(前作で大破したもの)
前作で大破したDB5。Qが修理(作り直し?)していたが、無傷だったのはハンドルだけだったという。ラストでボンドとマドレーヌが修理の終わったDB5でロンドンの街に出ていくシーンがある。

関連項目 編集

外部リンク 編集