FANDOM


テンプレート:Infobox Musician

リタ・クーリッジRita Coolidge1945年5月1日-)は、アメリカ合衆国テネシー州出身の女性歌手アメリカ・インディアンチェロキー族の血を引く。

来歴 編集

幼い頃からゴスペルに親しみ、1960年代末期から本格的にプロの歌手として活動。1969年の暮れには、デラニー&ボニーのツアーに帯同。このツアーには、エリック・クラプトンも参加していた。

1970年にはジョー・コッカーのアメリカ・ツアーでバック・コーラスを担当。この時、リタにスポットを当てたコーナーで、レオン・ラッセル作の楽曲「スーパースター」を歌った[1]。この曲は後に、カーペンターズがヒットさせてスタンダード・ナンバーとなる。

1971年、アルバム『リタ・クーリッジ』でデビュー。ブッカー・T・ジョーンズライ・クーダーなどのゲスト・プレイヤーが参加。1973年、シンガー・ソングライターのクリス・クリストファーソンと結婚、その後クリスと連名のアルバムを何枚か発表。1977年、アルバム『Anytime...Anywhere』が全米6位のヒットとなり、ボズ・スキャッグスのカバー「ウィ・アー・オール・アローン」もシングル・ヒットした。1980年頃クリスと離婚。

1983年、映画『007 オクトパシー』の主題歌「All Time High」を歌う。1991年のアルバム『Dancing With An Angel』は、日本のヒット曲のカバーも含む内容で、森高千里」や徳永英明「Rainy Blue」などが英語詞で歌われた。同年、中島みゆきのアルバム『歌でしか言えない』にゲスト参加。

1994年ロビー・ロバートソン(元ザ・バンド)が、アメリカ・インディアンをテーマとしたアルバム『MUSIC FOR THE NATIVE AMERICANS』制作。リタは姉のプリシラ、姪のローラ・サッターフィールドと共に同作に参加。リタ、プリシラ、ローラの3人は、チェロキー族の伝統を前面に出したグループWALELAを結成し、アルバムを2枚発表。

2005年のソロ・アルバム『And So Is Love』では、ジャズに挑戦した。

ディスコグラフィー 編集

ソロ・アルバム 編集

  • Rita Coolidge(1971年)
  • Nice Feelin'(1971年)
  • The Lady’s Not For Sale(1972年)
  • Full Moon(1973年) - クリス・クリストファーソンとの連名
  • Fall Into Spring(1974年)
  • Breakaway(1974年) - クリス・クリストファーソンとの連名
  • It's Only Love(1975年)
  • Anytime...Anywhere(1977年)
  • Love Me Again(1978年)
  • Natural Act(1978年) - クリス・クリストファーソンとの連名
  • Satisfied(1979年)
  • Heartbreak Radio(1981年)
  • Never Let You Go(1983年)
  • Inside The Fire(1984年)
  • Fire Me Back(1990年)
  • Dancing With An Angel(1991年)
  • Love Lessons(1992年)
  • For You(1993年)
  • Behind The Memories(1995年)
  • Out Of The Blues(1996年)
  • Thinkin' About You(1998年)
  • And So Is Love(2005年)

WALELA 編集

  • Walela(1998年)
  • Unbearable Love(2002年)

脚注 編集

  1. 元はデラニー&ボニーの「グルーピー」という曲だったが、リタが歌ったヴァージョンが、ジョー・コッカーのライヴ・アルバム『マッド・ドッグス・アンド・イングリッシュメン』で発表される頃には「スーパースター」と改名されていた

外部リンク 編集

fi:Rita Coolidgeio:Rita Coolidge it:Rita Coolidge nl:Rita Coolidge oc:Rita Coolidgept:Rita Coolidge simple:Rita Coolidge sv:Rita Coolidge