FANDOM



007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(だぶるおーせぶん とぅもろー・ねばー・だい Tomorrow Never Dies)は、ロジャー・スポティスウッド監督のスパイアクション映画1997年公開(日本での公開は1998年3月14日)。英国諜報部MI6の諜報員007ことジェームズ・ボンドが活躍する007シリーズ第18作。1997年の映画の世界興行成績で、第4位を記録した。


ストーリー 編集

イギリス諜報部MI6はロシア当局と合同で、ロシア国境における武器取引マーケットの調査を行っていた。侵入したボンドの撮影した映像から、大量の武器と日本テロリストの磯倉聡やアメリカ人のテロリストのヘンリー・グプタをはじめとする危険人物が集まっていることを確認したMI6は、ロシア側の合意によりイギリス海軍艦艇からの巡航ミサイル攻撃を行う。ところが、市場の商品の中に核魚雷がある事が判明、ミサイルは母艦から距離が離れすぎていた為自爆電波が届かず、ボンドには退避命令が出される。だが、ボンドは命令を無視して核魚雷を搭載した戦闘機諸共確保して飛び去り、チェルノブイリ以上の核汚染は阻止された。しかし、この代償に会場にいた危険人物の1人、ヘンリー・グプタは逃走してしまう。

その後、南シナ海の中華人民共和国の沿岸の「公海上」を航行していたイギリス海軍フリゲート「HMSデヴォンシャー」が、中国人民解放軍空軍ミグ戦闘機による領海侵犯の警告を受けた後に撃沈された。同時に中国人民解放軍空軍のミグ戦闘機も撃墜された上に、その後脱出した乗組員も皆殺しにされた。

HMSデヴォンシャーは実際には中華人民共和国の領海内を航行していたにも拘らず、なぜか領海から離れた公海上を航行していたと艦内のレーダーには表示されていた。また同時にシンガポールのMI6支局は不可思議なGPS電波が発信されていたことを掴んでいた。さらに、HMSデヴォンシャーからの「公海上で中国人民解放軍空軍機の攻撃を受け撃沈された」との電文を受けたばかりのイギリス国防省とM、さらに首相らが事実関係の確認に追われている最中にもかかわらず、なぜかイギリスの新聞「トゥモロー」上に「公海上を航行するイギリス海軍艦と中国人民解放軍のミグ戦闘機が交戦し、撃沈され乗組員が虐殺された」という記事が掲載された。

事件の背後には、偽のGPS電波でHMSデヴォンシャーを中華人民共和国の領海におびき寄せた上に、HMSデヴォンシャーと中国人民解放軍のミグ戦闘機を自らが所有するステルス艦によって撃沈、撃墜し、さらに情報操作で両国間の戦争を演出し大きな利益を得ることを狙う、「カーヴァー・メディア・インターナショナル」の総帥でメディア王・エリオット・カーヴァーがいた。

「トゥモロー」が伝えるHMSデヴォンシャーの「公海上」での撃沈と乗組員の虐殺に激怒したイギリス首相は、イギリス海軍艦隊の中華人民共和国への派遣を命じるものの、「トゥモロー」の早すぎる記事の掲載と不可思議なGPS電波の発信に疑問を抱いたMはこれに抗議し、これを受けて首相は艦隊派遣の48時間の保留と、48時間以内の事実関係の調査を命じた。Mはボンドをカーヴァーのパーティーが行われるハンブルクに派遣する。

以前に関係があったカーヴァー夫人パリスから情報を得たボンドは、カーヴァーのビルに潜入、カーヴァーの部下であったグプタの部屋からレーダーの座標を狂わせるGPS暗号機を発見する。その直後逃走中に、パーティーの席で新華社通信の記者と偽っていた中華人民共和国国外安保隊員ウェイ・リンと鉢合わせする。盗聴したボンドとパリスの会話からカーヴァーの逆鱗に触れたパリスは、ハンブルクのホテル・アトランティークでカーヴァーの部下Dr.カウフマンに殺されてしまう。パリスの遺体と対面を果たしたボンドは、一瞬の隙を突いてカウフマンに復讐を果たす。

ボンドはCIAのジャック・ウェイドの協力でデヴォンシャーが沈んでいることが判明した南シナ海へ向かう。沈没したデヴォンデャーの艦内でボンドはウェイと再会するが、カーヴァーの手下に捕らえられてベトナムサイゴンのカーヴァー・メディア・インターナショナルの支局に送られてしまう。

何とかカーヴァーの元から脱出した2人は、協力してカーヴァーの所有するステルス艦に潜入、カウフマンの弟子スタンパーの抵抗を制してデヴォンシャーから盗み出されたミサイルに爆弾を仕掛けることに成功、カーヴァーの野望を粉砕した。報告を受けたMは、「カーヴァーは海上で事故死した」と情報操作するよう手配した。

スタッフ 編集

  • 監督 - ロジャー・スポティスウッド
  • 製作 - マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ
  • 脚本 - ブルース・フィアスティン
  • 音楽 - デイヴィッド・アーノルド
  • 主題歌(“Tomorrow Never Dies”) - シェリル・クロウ
  • エンディング・テーマ(“Surrender”) - k.d.ラング
  • 撮影 - ロバート・エルスウィット
  • 編集 - マイケル・アルカン、ドミニク・フォーティン
  • プロダクション・デザイン - アラン・キャメロン
  • 特殊効果 - クリス・コーボルド
  • メインタイトル・デザイン - ダニエル・クラインマン

キャスト 編集

主題歌 編集

アメリカの女性シンガー、シェリル・クロウが起用され、同タイトル曲を歌った。イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では、最高位12位を獲得した。さらに、同サウンドトラック・アルバムに収録されたMoby演奏のテーマ曲"James Bond Theme"が、「ミュージック・ウィーク」誌で、最高位8位を獲得しているが、アメリカでは、どちらもチャート入りを果たせなかった。なお、同サウンドトラック・アルバムは、アメリカの「ビルボード」誌アルバム・チャートでは、最高位197位だった。

その他 編集

  • 本作は1996年に逝去した映画007シリーズの生みの親であるアルバート・R・ブロッコリに捧げられている。
  • そのため、前作まではオープニング・クレジットには「Albert・R・Broccoli presents」としか入っていなかったが、本作以後の作品には、シリ-ズに対しての貢献を称え「アルバート・R・ブロッコリのイオン・プロダクション提供」(Albert・R・Broccoli's EON productions limited presents)と入るようになった。
  • 悪役に大物俳優ジョナサン・プライスを起用している。作中のメディア王エリオット・カーヴァーは、イギリスのメディア王でヨットから転落し水死したロバート・マクスウェルをモデルにしていると思われるが、そのライバルで同じく実在のメディア王ルパート・マードックを皮肉った部分もある[1]
  • 本作よりボンドの愛用銃がワルサーPPKからワルサーP99へ替わる。劇中で使用するものは、ウェイ・リンのアジトにあった物。ちなみにボンドいわく、「Qに頼んでいたもの」とのこと。映画のノベライズ版では空港でQより直接手渡されてワルサーPPKと交換している。
  • 当時のCGSFX技術を大幅に駆使。ボンドと敵とのバイクを用いた市街戦のシーンではヘリコプターのローター部分はCGで合成された。
  • オメガ「シーマスター ダイバー 300M」を着用。劇中のシーマスターは、ウェイ・リンのアジトで入手したもので、彼女の言葉から中国情報部が改良を加えたものと考えられる。手榴弾を遠隔操作で起爆するのに、特殊機能が使用された[2][3][4]
  • ボンドカーとしてBMW750iLが使用された。撮影のために複数の同型車が用意された。ホテル駐車場でのカーチェイスシーン(撮影は郊外のスーパーマーケット駐車場で行われた)では、ドアミラーにCCDカメラが埋め込まれた車やアルミホイール違いの車両も確認できる。携帯電話での遠隔操縦・防弾ガラス・サンルーフミサイル・エンブレムカッター・リヤまきびし・ノーパンクタイヤ・盗難防止装置などの特殊装備がフルに活用されている。このホテルの駐車場での撮影に関して実際の火災と勘違いして消防車が出動したという話がある。
  • ボンドのバイクアクションシーンでもBMWが使用され、当時発売されたばかりのBMW初のクルーザータイプであるR1200Cが登場している。
  • アストンマーチンDB5がボンドのプライベートカーとして登場。『ゴールドフィンガー』や『ゴールデンアイ』などでも登場する(なお、『ゴールドフィンガー』、『サンダーボール作戦』に登場したアストンマーチンDB5は、ボンドのプライベートカーではなく、Qが支給した特殊車両。そのDB5が情報部内でのオークションに出された時にボンドが買ったものを私物として使用している)。
  • 冒頭の軍需品の密取引バザールのシーンで、オウム真理教の武器調達担当者をモチーフにした日本人の武器バイヤー(役名 - サトシ・イサグラ)が登場する。彼は映画では、ほんの少ししか登場しないが、プレイステーションのゲーム版で中ボスである。余談だがイサグラは吹き替え版の劇中で東京の毒ガステロ事件により指名手配されていることになっている。
  • 通常、核魚雷は外部から圧力や熱を受けても爆発(核分裂)しないようになっている。
  • 南シナ海の米軍基地にてGPSを確認するシーンの地図では沖縄の真南に台湾島があり、中国大陸上海は沖縄の真西に位置している。
  • 2006年に発売された「アルティメットエディション」はいくつかの修正箇所がある。ボンドが印刷機に落とした警備員をかみ砕く音は、より喧しいレベルになった。サイゴンのCMGNビルの衝撃音は劇場公開時のレベルに増幅された(旧バージョンはほとんど聞くことができない)。その他の主な修正箇所は以下の通り。
    • ウェイ・リンの自転車店の闘いの衝撃音は適切なボリュームに回復した。
    • ウェイ・リンが投げる手裏剣のショットはアルティメットエディションでは、手裏剣の刺さる効果音が強調された(イギリスでの劇場公開版及び旧DVD版は検閲上、効果音が抑えられている)。
    • ボンドとスタンパーの最後の闘いの衝撃音は、痛みと負傷を与える理由から旧バージョンでは抑えていたが、「アルティメット盤」では衝撃音が強調された。
    • エリオットカーバーの最期のシーンでの叫びがリミックスされた。
  • 1997年9月1日、ダイアナ元王太子妃と交際相手のドディ・アルファイドが、本作を撮影中のパインウッド・スタジオを見学に訪れることになっていた。ドディと本作のプロデューサーのバーバラ・ブロッコリが幼馴染だったため、バーバラがドディとダイアナ元妃を招待したのだが、二人はその前日の8月31日、パリで事故死した。2008年3月13日、ロンドンの高等法院で行われていたダイアナ元妃の死因究明審問で、バーバラ・ブロッコリが明らかにした。
  • 主演のピアース・ブロスナンはこの撮影の間、パリス・カーヴァー役のテリー・ハッチャーにしつこく付きまとわれるという「ストーカー」行為に悩まされていた。なお、ハッチャーは当時妊娠中で、撮影は彼女の体調を考慮して彼女の出演するシーンを先に終了させていた。

日本語吹き替え 編集

役名 俳優 ソフト版 フジテレビ版 テレビ朝日版
ボンド ピアース・ブロスナン 神谷明 江原正士 田中秀幸
エリオット ジョナサン・プライス 谷口節 小川真司 羽佐間道夫
ウェイ・リン ミシェール・ヨー 松熊明子 佐々木優子 深見梨加
パリス テリー・ハッチャー 相沢恵子 田中敦子 渡辺美佐
ヘンリー・グプタ リッキー・ジェイ 島香裕 宝亀克寿 辻親八
ローバック ジョフレー・パーマー 筈見純 青山穣 青山穣
M ジュディ・デンチ 此島愛子 谷育子 沢田敏子
マニーペニー サマンサ・ボンド 加藤優子 宮寺智子 佐藤しのぶ
Q デスモンド・リュウェリン 田口昂 北村弘一 北村弘一
スタンパー ゲーツ・オットー 諸角憲一 谷口節 中田和宏
カウフマン ヴィンセント・スキャベリ 稲葉実 青野武 千田光男
ジャック・ウェイド ジョー・ドン・ベイカー 大川透 内海賢二 池田勝
  • ソフト版 - ビデオ、DVD
翻訳 - 岸田恵子
演出 - 伊達康将、翻訳 - 松崎広幸、調整 - 荒井孝、プロデュース - 前田久閑(フジテレビ)、制作 - 東北新社
制作 - ブロードメディアスタジオ、演出 - 伊達康将、翻訳 - 平田勝茂、調整 - 高久孝雄

参照 編集

  1. 町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』文藝春秋、2008年 p194
  2. ボンドウォッチプロジェクト
  3. Q Branch at Her Majesty's Secret Servant
  4. James Bond Gadget Watch History at the watchismo times

関連項目 編集