FANDOM


007 死ぬのは奴らだ』(だぶるおーせぶん しぬのはやつらだ、Live And Let Die)はイアン・フレミングの長編小説007第2作。また1973年公開、ガイ・ハミルトン監督のスパイアクション映画007シリーズ第8作。ジェームズ・ボンド役をロジャー・ムーアが演じた初の作品である。

小説 編集

イアン・フレミングの小説007シリーズ長編第2作。1954年、ジョナサン・ケープ社より出版された。日本では1957年早川書房から井上一夫訳によりハヤカワ・ポケット・ミステリで発売された。

ストーリー 編集

ブードゥー教ハーレムを支配し、ソ連スメルシュの一員でもある黒人犯罪王ミスター・ビッグは、海賊“血まみれモーガン”の財宝の金貨をアメリカ国内に持ち込み資金源としていた。

イギリス秘密諜報部員007ジェームズ・ボンドニューヨークに派遣され、FBIのデクスター主任やCIAフェリックス・ライターと協力して調査を開始するが、すでにその情報を掴んでいたミスター・ビッグから手荒い歓迎を受ける。

だが、テレパシー能力を持ち、ミスター・ビッグが妻にしようとしているソリテールが寝返り、ボンドは彼女とセントピーターズバーグへ向かうが、そこで彼女は奪い返され、フェリックス・ライターも鮫に片腕・片脚を食いちぎられた姿で送り届けられる。

怒りに燃えるボンドは、ジャマイカでミスター・ビッグと最後の対決を行う。

出版 編集


映画 編集

スタッフ 編集

キャスト 編集


ストーリー 編集

ハミルトンはニューオリンズのジャズ葬パレードで刺され、カリブの島国サン・モニークではベーンズが宗教的な儀式により毒蛇に噛まれ、そしてドーズは国連の会議中に殺される。

殺害されたのは全て、ミスター・ビッグの麻薬取引の動向を追っていた英国諜報部員であり、事態を重く見た諜報部はジェームズ・ボンドを派遣する。

しかし彼ですら、サン・モニークの元首ドクター・カナンガに囲われたタロットカードの遣い手・ソリテールの予知能力に翻弄されてしまう。彼女だけでなく、鋼鉄の義手を持つティーヒー(ミスター・ビッグの用心棒)と、呪術宗教の集団を率いるサメディ男爵(カナンガ博士の手下)の2人をはじめ、敵陣営のユニークなサブ悪役(殺し屋)たちにもボンドは苦戦する。

そしてクライマックスでDr.カナンガとMr.ビッグとの関係が明らかに…。

興行成績 編集

主役がショーン・コネリーからロジャー・ムーアに替わった本作は、1973年の映画の世界興行成績で第3位にとどまった。日本では、1973年度の外国映画配給収入の第2位であった。

キャラクター、キャストなど 編集

  • カジノ・ロワイヤル』以前の20作品で、Q(もしくはブースロイド少佐)が登場しなかったのは本作だけ(ただし、腕時計を修理に出していたということで、Qの名前だけは出てくる)。なお、『ワールド・イズ・ノット・イナフ』までQを演じたデスモンド・リュウェリンが引退するまで、リュウェリンが出演しなかったのは本作と『ドクター・ノオ』の2作である。また、Qという役名が登場したのは『ゴールドフィンガー』が最初。『ロシアより愛をこめて』でリュウェリンが初出演した時の役名はQというコードネームではなく「ブースロイド少佐」であり、『ドクター・ノオ』ではピーター・バートンがブースロイド少佐を演じている。
  • ロジャー・ムーアの母がリチャード・ディックスの大ファンだからリチャードの息子ボブに出演依頼をした。
  • 脚本家と監督からバート・レイノルズがボンド役候補に上がったが、「長身の英国人」との条件でプロデューサーから却下された。
  • 脚本家からダイアナ・ロスがソリテール役候補に出たが、プロデューサーは「原作通り、セクシーで無垢な印象の白人」とのことで却下。
  • ソリテール役にカトリーヌ・ドヌーヴも候補に出ていたが、イギリスのテレビ番組「The Onedin Line」を見たブロッコリがジェーン・シーモアを抜擢した。
  • カナンガはクロコダイル園(Jamaica Swamp Safari Limitedワニ1500頭)の経営者ロス・カナンガの名に由来する。
  • ワニ革靴を履いていたロジャー・ムーアは、実際ワニに襲われそうになる。
  • ブロッコリとサルツマンはカジノでロジャー・ムーアと知り合った。
  • ヤフェット・コットーは『110番街交差点』の撮影中にデイヴィッド・ピッカー元UA社長から出演依頼を受けた。
  • ジェーン・シーモアはタロット占いで「3度結婚する」と予言され、1993年に4度目の結婚をしている。
  • ロジャー・ムーアはブードゥー呪術医に「息子を持つ」「博愛主義者になる」と予言され、実際に「息子が生まれ」「ユニセフ親善大使」にもなる。
  • ジェフリー・ホールダーは撮影日にアレクサンドラ妃が見学していたこともあり、実際に生きたヘビの入った棺桶に倒れ込んだ。
  • 原作のフェリックス・ライターは、ミスター・ビッグに捕らわれ、サメに片手片脚を食いちぎられる。このシーンは本作では採用されなかったが、後に『消されたライセンス』で取り入れられた。
  • その『消されたライセンス』のライター役は、奇しくも本作でライターを演じたデヴィッド・ヘディソンであった。ライター役は作品ごとに異っており、二度演じた俳優はヘディソンとジェフリー・ライトのみである。ヘディソンは、テレビシリーズ『原子力潜水艦シービュー号』のクレーン艦長役などで知られるアメリカの俳優。
  • G.W.ペッパー保安官を演じたクリフトン・ジェームズは、次回作『黄金銃を持つ男』でも同じ役で出演している。

秘密兵器など 編集

  • 強力な磁石とベゼルが丸鋸になるロレックスの腕時計サブマリナーを使用。この時計をQに修理に出していた間、ボンドはハミルトンのパルサー(LED表示のデジタル・ウォッチで、当時は画期的だった)を着用していた[1][2][3]
  • その他の秘密兵器は、ヘアブラシ型無線機、盗聴探知機、サメ退治用圧縮ガス弾など。
  • 特殊装備を搭載したボンドカーは登場しないが、2階建てバスモーターボートを奪ってチェイスを繰り広げる。
    • ボート・チェイスのシーンでは、テキサス州オースティンのグラストロン社製ボートを使用。ガラス繊維強化プラスチック製で、ウォータージェット推進のため外部に突出したスクリューがなく、ジャンプや陸地の滑走が可能となった。同社は本作用に26隻のボートを製造したが、うち17隻がジャンプのテスト中に大破した。
    • 劇中ではボンドが行ったことになっている、グラストロン・GT-150のジャンプは、110ft(約34m)の世界記録を出した[4]
  • カナンガの屋敷に潜入するのに、ハンググライダーを使用する。
    • ビル・ベネット(ハンググライダーの先駆者)がハンググライダーの技術指導をした。
  • S&W M29、8インチステンレスモデル(M629)を終盤で使用(ビデオパッケージでもPPKではなくこの銃を構えている。これは本作の2年前公開された『ダーティハリー』の影響が考えられる)。ボンドが持つ銃に意見をしたブースロイドは「ボンドがリボルバー式拳銃をつかうところを観たいが、おそらくそれは実現しないだろう。」と語っていたが、実現した。
  • ウィスパーのキャディラック・エルドラドは、ドアミラーに銃が仕込んであり、運転しながらモニターを見て照準を合わせ、発射が可能。
  • サン・モニークのカナンガの屋敷の周辺には、監視カメラと銃を仕掛けた案山子(かかし)が配置されている。
  • ミスター・ビッグの手下が運転するイエローキャブは、客席のドアロックと、運転席との間をガラスで仕切る仕掛けで、ボンドとソリテールを捕らえた。

主題歌 編集

元ビートルズのポール・マッカートニーが起用され、同タイトル曲を担当した。イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では、最高位9位、アメリカの「ビルボード」誌では、最高位2位を獲得し、映画と共に大ヒットとなった。また、映画のサウンドトラックは、プロデューサーのジョージ・マーティンが担当し、ビートルズ時代以来の両雄による共演となった。 同サウンドトラック・アルバムは、「ビルボード」誌アルバム・チャートでは、最高位17位だった。

その他 編集

  • ショーン・コネリーと同じセリフを避けるため、お酒は「バーボン氷なし」と頼む。
  • 同様に、これまでシャンパンはドン・ペリニヨンを愛飲していたのが、本作ではボランジェを注文。しかし、続く『黄金銃を持つ男』と『私を愛したスパイ』では再びドンペリに戻り、『ムーンレイカー』から正式にボランジェとのタイアップが始まる。
  • タロット・カードは、ファーガス・ホールの特製デザイン。実際に市販もされた。映像でも確認できるが、裏面の模様は数字の007を図案化したもので、そのようなカードをソリテールが使っているのは、冷静に考えるとおかしい。
  • 撮影地は、ニューオーリンズ、ルイジアナの入江、ニューヨークモンテゴ・ベイジャマイカ)、パインウッド・スタジオなど。
  • ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港についたボンドは、迎えの車でイースト川沿いのFDRドライブを走行し、マンハッタン橋を過ぎた後、ウィスパーに襲われる。
  • ミスター・ビッグを追ってハーレムに行くシーンでは、実際に現地でも撮影。
  • カナンガ博士が元首を務める「サン・モニーク」は架空の国(カリブ海にある島国)である。ロケは大半がジャマイカで行われた。
  • サン・モニークでボンドの泊まるホテルのシーンは、モンテゴ・ベイのローズ・ホール・グレート・ハウスで撮影された。
  • ニューオーリンズでは、冒頭の葬式のシーンも含め、フレンチ・クオーターでロケが行われた。
  • ルイジアナの住人フロー・トレッドウェイの敷地を、ボートで横切るシーンに使う。ヘリコプターでロケハンをしていたスタッフが、空中から格好の場所として発見。着陸して、家から出てきたフローに使用の許可を依頼した。
  • 現場で何らかのトラブルが発生するとスタッフ達はすぐに「ショーン・コネリーを呼んでこい」と言うのが口癖だった。
  • ドクター・ノオの義手は精巧に出来ていたが、本作のティーヒーの義手はよく見ると作り物っぽい(義手のあるほうの腕が明らかに長い)
  • Mとマニーペニーがボンドの自宅を訪ねるシーンが出てくるのは、本作が初めて(ボンドの自宅そのものは、『ドクター・ノオ』にも登場している)。
  • ボンドの自宅にあるエスプレッソ・マシンは、イタリアのラ・パヴォーニ社製。当時、こうした機械を家庭で使うことは一般的ではなく、実演を見たMは「それだけか?」と呆れる。
  • 本作はパン・アメリカン航空とタイアップしており、ボンドがニューヨークに行くときに乗ったのは同社のボーイング747
  • 同じくパナソニックとタイアップしており、フェリックス・ライター(CIA)の使用する機器(オープンリール・テープレコーダー等)は、同社製のものが使用されている。
  • 列車内でティー・ヒーが義手を固定されてもがいているシーンで、窓ガラスにスタッフが映りこんでいる。

日本語吹き替え 編集

役名 俳優 TBS版1 TBS版2 DVD新録版
ボンド ロジャー・ムーア 広川太一郎
カナンガ / ビッグ ヤフェット・コットー 内海賢二 後藤哲夫
ソリテール ジェーン・シーモア 岡本茉利 玉川紗己子 日野由利加
サメディ ジェフリー・ホルダー 銀河万丈 西凜太朗
ティー・ヒー ジュリアス・ハリス 田中康郎
ペッパー クリフトン・ジェームズ 滝口順平 宝亀克寿
M バーナード・リー 今西正男 石森達幸 藤本譲
マニーペニー ロイス・マクスウェル 花形恵子 竹口安芸子 泉裕子
ライター デヴィッド・ヘディソン 徳丸完 小島敏彦
ストラッター ロン・サットン 秋元洋介
クオーレルJr ロイ・スチュワート 玄田哲章
  • TBS版1 - 初回放送1981年4月6日(月)、TBS『月曜ロードショー
  • TBS版2 - 初回放送1988年、TBS『ザ・ロードショー』
プロデューサー - 上田正人、台詞 - 木原たけし、演出 - 小山悟、日本語版制作 - 東北新社、TBS
  • DVD版 - 2006年11月22日発売 DVD アルティメット・コレクション
翻訳 - 佐藤一公

参照 編集

関連項目 編集